住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB twitter OKUTALOHASstudio Google plus

暮らし

【台風に備える】超大型台風の前に!最低限やっておきたい非常時の備え

台風は事前に情報がわかり、「備えられる」災害です。

災害が起きないことが一番ですが、備えあれば憂いなしということで、最低限やっておきたい非常時の備えを紹介いたします。

 

台風が接近してきたら

既に雨風が強くなってからの対策は、対策のつもりが反対に事故やけがのもとになります。

ご無理をなさらずに、屋外の状況を見て作業・見回りを行ってください。

 

①屋外に置かれているものはできる限り屋内に

屋外のものが飛ばされてたり倒れたりしてしまうことで、窓ガラスや車が破損したり、近隣の方にご迷惑をおかけしてしまうことも。できる限り屋内に物を移動して、雨風に備えてください。

 

②移動できない庭木や大きなものは必ず固定を

庭木や洗濯物干しなど、大きくて屋内に入れることができないものは、できる限り固定をしましょう。
物干し竿は外し、ポールが倒れないように固定することも忘れずに行ってください。
庭木には支柱を立てたり、弱っている壁などがありましたら、補強をすると安心です。

 

③生活用水の確保も忘れずに

断水に備えて飲料水を確保するだけでなく、お風呂の浴槽に水を張っておくなど、生活用水の確保も忘れずに。お風呂に水があれば、トイレなどにも活用できます。

 

④できる限り窓も補強を

自宅の外に何も置いていなくても、強風で巻き上げられたものが当たって窓が割れる恐れも。
ガムテープなどで補強することができればよいですが、もし難しかったら、必ずカーテンを閉めてお過ごしください。

 

⑤とにかく外出は控えましょう

近くの用水、川、海、ほとんどが氾濫寸前に満ち満ちていくことが予想されます。
浸水被害も気になることと思いますが、できる限り外出はとにかく控えていただくことが大切です。

暴風の中、玄関など扉を開ける行為も大変危険です。強風で開かないことも多いですが、「開いた!」と思ったら、かなりの勢いで閉まってしまう危険性も。

避難勧告以外の外出はとにかく控えていただくことが安心です。

 

当たり前のことこそ、しっかりと

前述したものは、すべて当たり前のことではありますが、非常時は当たり前のことこそしっかりと、対策なさってください。

予測のつく災害であるとはいえ、何が起こるかはわかりません。

「自分の身は自分で守る」という気持ちに立って、ぜひ安全にお過ごしください。
 

 

ご自宅に被害が出ましたら、LOHAS CLUBまでご連絡ください。

社員一丸となって、お客様のもとに駆け付けてまいります。

お問合せ:0120-19-5955

LOHAS CLUB

住まいとお客様の生涯サポートサービス「LOHAS CLUB(ロハスクラブ)」は家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心です。最大10年の保障書発行や定期点検以外にも、クリーニングやメンテナンス作業、家事代行まで暮らしに関わる様々なサポートサービスをご用意しています。

>公式ホームページを見る

お電話でのお問合せはこちら0120-00-3719

メールでのお問合せはこちら

LOHAS CLUB 新着記事

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問い合わせ

TOPへ戻る