住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook OKUTALOHASstudio Google plus LOHAS CLUB twitter

メンテナンス

水道が凍結してしまった時の対処法とおすすめ予防策

首都圏でも氷点下を記録する日が増えてきました。

水道管の凍結によるお問い合わせが急増しております。

そこで今回は、水道が凍結してしまった時の対処法と、再び凍結が起こらないためのおすすめ予防策をお知らせいたします。

 

凍結してしまった時の対処法はたったの2つ!

朝起きて、さぁ顔を洗おうと思ったら、「あれ?お湯が出ない!!」と困ってしまった方も多いのではないでしょうか。

給湯機については、水が流れたことを感知しボイラーが起動する構造の為、水道が凍結してしまうと、使用することができなくなってしまいます。

「凍結して出ない!」という経験をしたことがないので、慣れていないとビックリしますし、混乱しますよね…

 

実は、「お湯が出ません!」とご連絡をいただいても、「凍結」が原因の場合できることはたった2つしかないのです。

1・溶けるのを待つ  *こちらを推奨!*

2・露出している管をぬるま湯であたためる

拍子抜けしますよね。「凍ってしまったら何もできない!」と感じていただければと思います…

 

【!!ご注意ください!!】
2の管をあたためる方法は、水道管が破裂破損する可能性が「大」です。
次回は凍結をしないように対策をしていただき、まずは「溶けるのを待つ」方が安全です。

ただ、一概に凍結が原因とは言い切れませんので、しばらく様子を見ても直らない場合は、Handymanまでご連絡くださいね!

↓Handymanくんをクリック↓

 

おすすめ凍結予防策はこちら

凍ってしまっては待つしかないので、凍らないための予防策を取りましょう!
凍結だけならまだしも、そのまま「水道管破裂」ということも。次の寒波に備えて水道管の冬支度もしてくださいね。

凍結が多い箇所は、給湯器付近と外水栓などの露出部分です。北側や風が当たるところ、日陰に設置されている場合も注意をしてくださいね!

予防策はこちらです!

1・ちょろちょろと水を出しつづける

2・露出している管をタオル等で覆う

 

1は、1分間に牛乳パック1つ分ぐらいの水が溜まるぐらいでOKとのこと!ちょっと水道代がかかるのが気になるところですね。

2は、タオルや毛布で露出部分をすっぽり覆っておくと安心です。

 

備えて安心!

「地球が寒冷化している!」という声も聞かれるほど、今年より来年、来年より再来年…と強力な寒波が攻めてくるとの予想も出ていますね。

凍結しやすい部分を事前に守ることに加え、現在お使いでない外の水道管を止水することや撤去すること、10年以上使用している給湯器を早めに交換することなど、事前の備えも大切です!

水道に関するお困りごとは、水道局指定工事店のHandymanまでご連絡くださいね。

 

Handyman

Handyman(ハンディマン)では、スピード・ローコスト・セキュリティーの3つのコンセプトを軸に、住宅の修理・修繕から、設備機器交換、床や壁の張替などのリフォーム工事を提供しています。水まわりリフォームを特に得意とし、商品と工事を合わせたパッケージ価格でわかりやすい費用を提示しています。自社のスタッフが施工とメンテナンスを行い工事費と工期のスリム化に成功しています。

>公式ホームページを見る

お電話でのお問合せはこちら0120-00-3719

メールでのお問合せはこちら

Handyman 新着記事

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問い合わせ

TOPへ戻る