住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB twitter OKUTALOHASstudio Google plus

はじめての『壁ペイント』~準備編~

海外のインテリアではよく登場するDIY『ペイント』。
壁一面から、はじめての『ペイント』にチャレンジしてみませんか?
今回は、中古マンションを購入しリフォームをされたK様ご家族の、はじめての『壁ペイント』の様子と併せて、
ポイントをご紹介します!

 

準備するもの≫

(COLORWORKS HPより引用)

a. マスキングテープ   ペンキを塗るところと塗らないところの境に張るテープ。

b. マスカー       テープ付きのビニールシート。

c. ローラー+ハンドル  広い面を塗るのに使う。

d.アジャストハンドル   ローラーハンドルに繋げて使う。高い場所でも簡単にペイントできる。

e. 刷毛         端や角など、ローラーでは塗れない細かいところを塗るのに使う。

f. バケット&ネット   ローラーについたペイントの量を調節できるネット付きペンキ用バケツ。

g. 缶オープナー     ペイントの缶のふたを開けるのに便利。なければマイナスドライバーでも。

 

そして、塗料です↓↓↓

(COLORWORKS HPより引用)

今回使用した塗料は、『FARROW&BALL(ファローアンドボール)』ペイントです♪
伝統的な製法と最高級の天然顔料で製造する英国のペイントブランド。
厳しいEU基準をクリアした、最高ランクの安全性をもち、臭いも微量で上質な色がそろっています。
(全132色)

 

≪HOW TO PAINT≫

さぁ、はじめましょう!

 

色を決める

(COLORWORKS HPより引用)

どの色を選ぶか、部屋の用途やインテリア、好みによって色の傾向は様々。
どの色にするか迷ったときは、壁に色見本をいくつか貼り、何日か眺めながら生活してみましょう。
朝昼夜と過ごす時間によっても色の見え方が違うのでイメージがよくつかむことができますよ。

 

マスキングをする

壁のほこりなどをきれいに除いたあと、塗らない場所や床や壁にペイントがつかないように
覆いかぶせるマスキング(養生)をします。
 

養生の必須アイテムであるマスキングテープを、ペイントをしない境目の部分に丁寧に貼っていきましょう。
テープを貼るときのポイントは、手でしごくようにしてすき間ができないようにぴったりと貼ること。
すき間があると、ペイントが入り込んでしまうので要注意です。

 

ペイントスタート!~端は刷毛で丁寧に~

缶に入っているペイントをバケットに移しましょう!

最適な量は、バケットの高さ3分の1くらいまで。少なめにしておきます。
ローラーにたっぷりつけてはネット上で軽くしごき、全体に含ませていきます。
刷毛につけるときは根元までつけず、刷毛の長さの下半分につけるのがコツ◎
こうすると作業中にペイントが垂れません。

まず初めに、マスキングテープを張った境目から、刷毛で塗っていきます。

 

小さなお子様にも優しい塗料なので一緒にお手伝い♪
ローラーでは塗れない壁のコーナーやコンセント周りなど、
細かい部分も小回りのきく刷毛で埋めるように丁寧に塗りましょう。


はじめての『壁ペイント』をご紹介しましたが、いかがでしたか?
さて、次回は完成編です。お楽しみに♪

はじめての壁ペイント~完成編~>はこちらから

お問い合わせ

商品のご購入は、カラーワークスの各店舗や、首都圏13店舗のLOHAS studioでも可能です!
興味のある方はお問い合わせください。

▼亜麻仁オイルを主成分とした国産オイル自然塗料
LOHAS OIL(ロハスオイル)シリーズ
 

▼LOHAS studioでは、色の選定のご相談や塗装のご依頼も承っております。
LOHAS CLUB お問い合わせ
 

参考 )COLORWORKS 

今日のひと言

真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ。
夏目漱石

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問い合わせ

TOPへ戻る