住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB twitter

断熱や省エネの効果について教えてほしいです。~窓編~【お客さまのご質問にお答えします!】

 LOHAS CLUB会員様に年4回送付している会報誌のアンケートにお寄せいただいた、お客さまからのサービスにまつわるご質問やご相談にお答えしていきます。

今回取り上げるのは「断熱・省エネ」に関するご質問。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

Q:断熱や省エネの効果について教えてほしいです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回は「窓の断熱効果」をピックアップ。
大規模リフォームでなくても簡単に取り入れることができますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください!


外からの熱は窓ガラスや屋根、壁から伝わって入ってきますが一番熱の伝わり方が大きいのが窓です。
実は、窓は熱の通り道でおおよそ73%程度の日射熱が窓から侵入してきます。

室内にインナーサッシもしくは窓の外に外付けブラインドをつけることで、室内への熱の侵入を防ぎ冷暖房効果を上げることができます。


■インナーサッシ

インナーサッシを取り付けることで、夏は熱い空気を室内に取り込まず、冬は寒い空気を室内に取り込まない効果が期待できます。

現在の窓とインプラスの間に大きな空気層ができ、外気と室内との中間的な温度の空気層ができるため、温度差を緩和させて結露の発生も抑えることができます。

材質も熱伝導率が高い金属面を樹脂で覆うことで、窓枠からの冷気や暖気の侵入を防ぎます。

 

またインナーサッシを取り付けることで防音効果も期待できます。
できるだけ気密性の高い構造になっており、さらに現在の窓との大きな空気層によって防音効果が高くなります。

インナーサッシは選択するガラスによって、断熱性能を向上、防音効果を向上、紫外線を防ぐなど、様々な効果があります。
向上させたい性能に併せてガラスを選ぶこともおススメです!

 

▼インナーサッシ お得なキャンペーン実施中▼
インナーサッシの商品代が55%OFFキャンペーン実施中!
さらに補助金併用で最大30万円キャッシュバック!

キャンペーンは2022年9月30日まで!
詳しくはこちら

 


■外付けブラインド

LIXIL/外付けブラインドEB

季節や方位によって日差しは変わります。それに合わせてブラインドの角度を調整することによって、日射を遮ったり、取り入れたりすることができます。
窓の外で日射を遮ることができるので、室内に光を入れながら、熱は侵入せず室内の空気温度を保つことができます。
風を入れたい場合は、窓を開けても日射を遮ることができるので、熱は入らず風だけが部屋に入ってくるので、室温調整におすすめです。

 

窓の断熱性能をあげることで冷暖房効果が高まり、冷暖房費を下げることができます。
インナーサッシの工事は簡単で、効果もすぐに体感いただけます。

断熱性能向上をお考えの方は、ぜひインナーサッシや外付けブラインドの設置をご検討ください! 

今日のひと言

もし望めば犬だって飛べるんだ・・
スヌーピー

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問合わせ

TOPへ戻る