住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB twitter

ピクニックにも役立つ!折り畳みテーブル作り方

 

昨年大人気だった「木工教室」を再び開催いたしました!

今回も弊社Handymanの佐藤と越後がお手伝いをさせていただきながら、折り畳みテーブルを作成。

1色で統一させたり、難色も色を組み合わせたり、それぞれ個性あふれる素敵なテーブルが完成しました。

 

 

 


材料

  • 【木材】
    ・7本(19㎜×89㎜×450㎜)        
    ・2本(19㎜×69㎜×450㎜)        
    ・2本(19㎜×38㎜×800㎜)       
    ・2本(19㎜×38㎜×364㎜)    
    ・4本(15㎜×38㎜×330㎜)
    ・木丸棒 4本(径21㎜)

    【塗装】
    ・ロハスオイル(その他塗料でも可)
    ・ウェス
    ・手袋

    【組立用】
    ・細ビス(3.8㎜×38㎜)×22本
    ・木工用ボンド
    ・ジョイントボルト×4本


手順

  • 脚組立

    全ての木材の塗装が完了したら、早速組み立てを行います。

    【材料】
    ・4本(15㎜×38㎜×330㎜)
    ・木丸棒 4本(径21㎜)

    ①【木丸棒】が【木材(15㎜×38㎜×330㎜)】の穴に入るのを確認し、入りにくい場合は木の先端をハンマーで叩く。
    ②【木丸棒】が入るのを確認したら【木材(15㎜×38㎜×330㎜)】に木工用ボンドを注入し、爪楊枝で木工用ボンドをのばす。
    ③【木丸棒】をハンマーで叩いて、【木材(15㎜×38㎜×330㎜)】の穴に入れる。
    ④これを2セット作成する。※脚の幅は360㎜~363㎜に収める

  • 天板組立①

    【材料】
    ・7本(19㎜×89㎜×450㎜)
    ・2本(19㎜×69㎜×450㎜)
    ・2本(19㎜×38㎜×800㎜)
    ・2本(19㎜×38㎜×364㎜)

    ①【木材(19㎜×38㎜×800㎜)】と【木材(19㎜×38㎜×364㎜)】を写真のように組み合わせる。
    ※【木材(19㎜×38㎜×800㎜)】は【木材(19㎜×38㎜×364㎜)】の端から60㎜のところで合せる
    ②ビスでしっかり固定する
    ③組み立て後にひっくり返して、段差がないかを確認する。

  • 天板組立②

    ①向きに注意して、天板を固定していく。
    ※余白がある方を上に
    ②【木材(19㎜×69㎜×450㎜)】を天板から24㎜の出で仮置きする。
    ③/④2㎜のスペーサーをあてて両端をビスで固定する。

  • 天板組立②

    ①5㎜のスペーサーを入れて、等間隔に【木材(19㎜×89㎜×450㎜)】をビスで固定する。
    ②真ん中は最後に固定する。
    ③/④端から85㎜、高さ20㎜のところに印をつけ、ドライバーで穴をあける。

  • 脚・天板組み合わせ

    ① 脚と天板に接合ジョイントボルトをいれる。
    ② 六角レンチで接合ジョイントボルトを固定する。


完成!!

 

木材の色を変えてみたり、ビスの色を変えたりしてみても、とてもかわいいです。

室内ではもちろん、ピクニックなどにも役立つ折り畳みテーブル。
ぜひご自宅でも作成してみてください☆

 

 

今日のひと言

もし望めば犬だって飛べるんだ・・
スヌーピー

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問合わせ

TOPへ戻る