住まいとお客様の生涯サポートサービス 家を買った後も、リフォームする前も、リフォームした後も安心!

サイトマップはじめての方へお知らせ LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB facebook LOHAS CLUB twitter

よく聞く「こどもみらい住宅申請」とはなんでしょうか?【お客さまのご質問にお答えします!】

LOHAS CLUB会員様に年4回送付している会報誌のアンケートにお寄せいただいた、お客さまからのサービスにまつわるご質問やご相談にお答えしていきます。

 

今回取り上げるのは「補助金」に関するご質問。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

Q:こどもみらい住宅申請事業について教えてほしいです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今回は「こどもみらい住宅申請事業」についてご紹介していきます。

 

新築建築や購入、リフォームをご検討中の方なら一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

購入やリフォームを行う方には、知っているとお得な補助金制度になります。

 

今回は「こどもみらい住宅申請事業」についてご紹介していきます!

この補助金を活用してお得に住宅工事をしてください!

 

〇こどもみらい住宅申請事業について

こどもみらい住宅申請事業は国が支援する住宅助成制度です。

子育て支援と2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、高い省エネ性能がある新築住宅の購入やリフォームをされる方を対象に、負担軽減と省エネ住宅のストック形成を図る事業です。

申請事業者を通じて申請し、キャッシュバックにて還元される制度です。

 

■条件について

申請対象者

①注文住宅の新築:建築主

②新築分譲住宅の購入:購入者

③リフォーム:工事発注者

※ただし①②については子育て世代または若者世代のみ対象

 

子育て世代とは…

申請時に、お子様の年齢が令和3年4月1日時点で18歳未満(平成15(2003)年4月2日以降出生)の子がいる世帯。

 

若者世代とは…

申請時に夫婦であり、令和3年4月1日時点でいずれかが39歳以下(すなわち昭和56(1981)年4月2日以降出生)の世帯。

 

・上限金額

①注文住宅の新築 ②新築分譲住宅の購入

住宅の省エネ性能等に応じて60万円から100万円

③リフォーム

実施する補助対象工事および発注者の属性等に応じて5万円から60万円

 

■申請者について

契約方法と交付申請者はそれぞれ下記になります。

補助事業 契約 こどもみらい住宅事業者(交付申請者)

① 注文住宅の新築

工事請負契約

建築事業者(工事請負業者)

② 新築分譲住宅の購入

不動産売買契約

販売事業者(販売代理を含む)

③ リフォーム

工事請負契約

施工業者(工事請負業者)

こどもみらい住宅申請事業については事業登録を行っている会社のみ可能となっています。申請をご希望の方はそれぞれの業者にご相談ください!

 

〇対象住宅と工事について

■対象となる新築住宅

①所有者(建築者)自らが居住する

②土砂災害防止法に基づく、土砂災害特別警戒区域外に立地する

③未完成または完成から1年以内である、人の居住の用に供した事のないもの

④住戸の床面積が50平米以上である

⑤証明書により、下表のいずれかに該当している

・ZEH住宅

・高いエネルギー性能等を有する住宅

-認定長期優良住宅

-認定低炭素住宅

-性能向上計画認定住宅

・一定の省エネ性能を有する住宅

⑥交付申請時、一定以上の出来高の工事完了確認ができる

いずれか選択可

・基礎工事(杭基礎の場合は杭工)の完了

・省エネ性能等に応じた住戸あたりの補助額に総戸数を乗じた金額以上の出来高の工事完了建築工事の契約金額(税込)×出来高(%)≧住戸あたりの補助額×総戸数

 

難しく書いてありますが要約すると、自分の住む家が人が十分に住める大きさであり、リッチ・構造共に危険な住宅でなく、高い省エネ性能のある新築である、ということです。

こちらの対象となるのは子育て世代もしくは若者世代のみになります。

 

■対象となるリフォーム工事

①~⑧に該当するリフォーム工事が対象となります。

しかし①~③はいずれか必須工事、④~⑧は任意工事となります。

また申請する補助金額の合計が5万円未満の場合は対象外となります。

①開口部の断熱改修

②外壁・屋根・天井・床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

④子育て対応改修

⑤耐震改修

⑥バリアフリー改修

⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

 

それぞれの工事で対象となる金額が異なっています。例えば開口部の断熱は窓などの大きさや枚数で計算していきます。

今検討している工事だとどれくらいの補助金額になるのか気になりますよね。WEBには各メーカーによるシミュレーションサイトがありますので、ぜひご活用ください!

また商品については「一定の省エネ性能を有する」必要があり、対象になる機能を有する必要があったり、各メーカーにより対象商品が異なります。商品については商品カタログやメーカーにお問合せください。

 

〇申請について

■対象となる期間

・工事請負契約・不動産売買契約の期間

2021年11月26日~工事着工まで

 ※不動産売買契約契約のみ遅くとも2023年3月31日まで

 ※「一定の省エネ性能を有する住宅」の新築は2022年6月30日までに締結したもの。

・着工の期間

こどもみらい住宅事業者の事業者登録以降(一般の方の個人登録はできません)

・基礎工事の完了(新築住宅のみ)

建築着工~交付申請まで(遅くとも2023年3月31日)

 

■申請のタイミング

新築については一定の出来高工事の完工後、リフォーム工事については完工後に申請します。もう契約してしまったから間に合わない…ということはありません!ただし「着工前の写真」の提出が必要となります。その写真があれば着工後でも申請可能です。商品の納品書等も提出が必要なので、必ず破棄せずに保管してください。

完工後の申請だと制度が終わっていないか心配…という方もご安心ください!契約後に「予約申請」が可能になります。こちらもご活用ください!

 

もっと詳しくこどもみらい住宅申請事業について知りたいという方は、HPがございますので、ぜひそちらもご確認ください!

 

OKUTAでは事業者登録を行っております

こどもみらい住宅申請事業を活用してお得に住宅工事を行いたい方は、ぜひLOHASstudioでの施工をご検討ください!

今日のひと言

もし望めば犬だって飛べるんだ・・
スヌーピー

サイトマップはじめての方へお知らせ運営会社情報有料会員規約利用規約個人情報保護方針掲載のお問合わせ

TOPへ戻る